五月人形/雛人形(ひな人形)の人形店陣屋

お問い合わせ連絡先
平日10:00~18:00まで
FAX:079-422-1686
MAIL : honten@jinya223.com
(メールは24時間365日受付)
30.000円以上お買い上げで送料無料
代引手数料無料
陣屋携帯サイト
新着情報
初めて方へ
FAQ
特設セール会場
商品検索

お取扱い商品一覧

雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形

サイトコンテンツ

雛人形・五月人形 姉妹店

雛人形・五月人形 姉妹店

yahoo

雛人形・五月人形 yahoo店

五月人形とは?

●五月人形(5月人形)の由来

■五月人形 (五月人形)
端午の節句は初めは五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈る、宮廷の重要な祭り事の日でした。五節句の一つとし て、月の初めの午(うま)の日を指し午と五をかけて五日とし、当時農業にとって重要だった5月ともかけて五月五日に行われていました。奈良時代後期に中国から伝わったとされております。
その後平安時代に入ると病気や厄災をさける為の行事ともなり、菖蒲を飾り、蓬(よもぎ)などの薬草おふるまうようになりました。
戦国の世になり、鎌倉時代には、菖蒲と尚武をかけて「尚武の節句」として、盛大に祝うようになりました。その頃から武具を飾り、武運を祈ったそうです。それが江戸時代中頃より、男児の誕生を祝い、立身出世を願うようになり広く町民の間にも普及していきました。
しかし、庶民階級は本物の武具を持っていないので、木や革で作った 武具(鎧兜)を飾りました。次第に経済的に力をつけた町人が武士階級を圧倒するようになり、初節句の祝いも盛大に祝うようになっていきました。そうした町人の武士に対するあこがれと対抗意識がミニチュアの飾り物ながら武士のシンボルともいえる甲冑を飾ることに結びついたのだと思われます。初めの頃は門前に幟や吹流しを立ててお祝いしていましたが、次第に室内飾りも豪華に立派になっていったようです。
江戸後期には鯉のぼりも甲胄飾りも、かなり精巧で芸術的価値の高い物も作られました。文明開化の明治になると、新政府は五節句を廃止してしまいました。端午の節句はすでに男子誕生の祝い事として定着していましたし、特に子供に対する愛情の表われでもある、上巳・端午・七夕の三つの節句は今日でも盛んに行われています。

■鯉のぼり (こいのぼり)
鯉は生命力が強く出世魚とされていて、男の子の誕生と将来の立身出世を象徴するのにふさわしい魚だと考えられました。また中国の伝承にある「鯉の滝のぼり」にも由来する意味もあり、黄河の上流にある「登竜門」を登ると龍に化して天に昇るという伝説が、男の子の立身出世に結びついたとされています。
初期の鯉のぼりは吹流しだけで、幟や武者幟、鐘馗旗と共に庭先に立てていましたが、江戸時代になると町人の間で幟に対抗して鯉のぼりが盛大に立てられるようになりました。

お買い物は下記リンクをクリックしてください。

 

 

雛人形の陣屋本店
雛人形の陣屋本店 

ひな人形木目込みの陣屋本店
ひな人形木目込みの陣屋本店 

五月人形の陣屋本店
五月人形の陣屋本店 

鯉のぼりの陣屋本店
鯉のぼりの陣屋本店 

破魔弓の陣屋本店
破魔弓の陣屋本店 

羽子板飾りの陣屋本店
羽子板飾りの陣屋本店 

雛人形の陣屋Yahoo!店
雛人形の陣屋Yahoo!店

ひな人形木目込みの陣屋Yahoo!店
ひな人形木目込みの陣屋Yahoo!店

五月人形の陣屋Yahoo!店
五月人形の陣屋Yahoo!店

鯉のぼりの陣屋Yahoo!店
鯉のぼりの陣屋Yahoo!店

破魔弓の陣屋Yahoo!店
破魔弓の陣屋Yahoo!店

羽子板飾りの陣屋Yahoo!店
羽子板飾りの陣屋Yahoo!店