雛人形の意味やひな祭りの由来/ひな人形選び方知識の情報

雛人形画像
お問い合わせ連絡先
平日10:00~18:00まで
FAX:079-422-1686
MAIL : honten@jinya223.com
(メールは24時間365日受付)
お問い合わせ
スペース
商品検索
スペース
区切り画像
空間画像

お取扱い商品一覧

雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形

サイトコンテンツ

雛人形の意味説明

雛人形の意味や由来/歴史


雛人形/五月人形/鯉のぼりの通販サイト、販売店陣屋のひな人形の豆知識の案内ページです。
人形(ひとがた)製造の専門店の収納方法や製や飾り方などのポイントをまとめました。 初節句とは? 雛人形は、古来、日本では元々「ひいな遊び」という遊びで使ったワラや紙で作った人形(ひとがた)でした。

この人形に厄(やく)や災いを移し、川や海へ流す流し雛(雛人形)が始まり、今のひな祭りへと発展したのです。

お雛様(ひな人形)は女の子の健やかな成長のため、その子の厄受け「お守り」となってくれているのです。

ですから、お母様の雛人形を譲ったりするのは本来の意味からするとちょっと…雛人形はずーっとあなたを見守ってくれています。
いくつになってもぜひ毎年お雛様を飾ってあげて下さい。

おばあちゃん、お母さん、赤ちゃんと、ご家族みなさんのおひなさまも一緒に可能な限り飾ってあげて下さい。

ご家族みなさんのお祝する気持ちが一番大事な事だと私達は考えます。

ひな祭りの時のお祝のお料理・祝膳・用意など


縁起物の蛤(はまぐり)等の海の物と山の物を取り入れた料理を中心に、是非みなさんで雛人形を飾りひな祭りをお祝して下さい。

桃の節句のセットには、たくさんの種類の人形を用いることで主従関係、いわゆる社会的役割分担を、身の回りの家具調度品の雛人形の雛道具や桜(さくら)・橘(たちばな)などで、家庭での躾けやマナーのお勉強を、遊びの中から教え伝えて来たと思われます。

親から子に対する愛情のあらわれである「無病息災・長寿・魔除け」と「健全な成長」、ひな祭りは赤ちゃんの健やかな成長の願いを込め具現化したもので、
女の子の桃の節句にお祝いとして、父方、母方、ご両家、ご両親が願いを込め雛人形を贈り、人から人に伝えられました。

雛人形を何故飾るのか?ひな祭り(ひなまつり)の由来

雛人形を飾る風習の雛祭り(初節句)としての起源は古く、約千年以上の昔、平安時代の中頃と言われています。
その時代、三月始めの巳(み)の日を上巳の節句(じょうみのせっく)という、
子供の無病息災を願ってお祓いをする行事がありました。

陰陽師の手によって、食物を供え、人形(ひとがた)に災いや凶事を乗り移し、川や海へと流しました。

これに「雛遊び」と呼ばれる“ままごと遊び”が今から約六百年程前の室町時代初期に融合し、宮廷で行われるようになりました。
可愛い「雛」(ひな)とは鳥のように小さく、かわいいという意味で、
小さな人形や道具を使って”ままごと遊び”をする事を「ひいな遊び」と呼んでいました。 雛道具は嫁入り道具です。

今のように広く全国に「ひな祭り」(ひな人形)が広まったのは戦国時代が終わり、江戸時代に入ってからの事です。
飾る地域で異なりますが、(江戸・京都)士階級から町人へ、そして地方へと毎年盛んにひな祭りが行われるようになりました。
しかし、今の雛人形の飾り方とは、関東・関西・中国・九州で多少違いがあったようです。
文明開化の頃、明治政府は五節句行事を全て廃止としてしまいました。
従って上巳の節句であるひな祭りも一度は憂き目に合いましたが、長い間人々の生活の中に根をおろした行事は簡単になくなるものではなく、
特に子供に対する愛情の表われでもある、初節句(桃の節句)上巳・端午・七夕の節句は、今日でも盛んに行われています。

雛人形の作りの違い

一口におひな様と総称されますが、様々な種類があり、ココで大きく分類説明いたします。

衣装着の着付けひな人形タイプ
・豪華で華やかな金襴を裁断して縫上げた雅な衣装を着物にしあげ、立体的に着ている。タイプ(代表的な京雛)
雛人形人気有名作家として安藤桂甫・大橋弌峰・小出松寿・柴田家千代・清水久遊など

木目込みひな人形タイプ
・木の型の目に布を込めて作る木目込み雛人形タイプ
・雛人形人気有名作家として真多呂・一秀・幸一光・柿沼東光・喜久絵・大里彩など。

・京人形(京雛/関西式)関東雛(関東の式)での衣装の着付けの違い。

カタログでは解りにくいですが、一般的に京式・関西式(主に京都・大阪)は姿をかっちりと着付けます。
関東雛(主に東京・埼玉)はふんわりと大きく着せ付けます。

雛人形有名ブランドのメーカー販売は吉徳大光・久月などブランドなどがございます。

節句の一般的な雛人形セットの種類を一覧でご紹介

雛人形親王飾り(平飾り)
・帯や金襴を絞り生地などのお内裏様(一対)
・男(男雛)女(女雛)の内裏飾り。
・現在では人気のセット飾りです。
・衣装着タイプ・木目込みタイプなど様々な種類がございます。
・収納スペースなどもコンパクトです。

雛人形ケース飾りタイプ(ケース入り)
・アクリル・ガラスなどホコリを気にせず簡単に飾れりいただけるタイプ
・2人・5人・7人・10人・15人など様々なセットがあります。
・衣装着タイプは固定式が多く、木目込みタイプは取り外しが出来手に取って飾ることが出来ます。
・収納時はケースの大きさよりは小さくならない点が注意点です。

雛人形収納飾り
・最近では多いセット飾りです。
衣装着は固定式が主流
木目込みタイプは固定しないタイプが主流
・二から五人のセット飾りが主流です。
・収納するスペースがコンパクトに収納出来て人気です。
・少し窮屈に入る場合がございます。裾などが曲がることがございます。収納時は、形が崩れない用注意しましょう。
・ワンパッケージの為、女性には重たく感じることがございます。

三段飾り三・五の飾り(五人飾り)
・親王・三人官女・五人囃子のセット飾り
・親王かざりでは物足りない、七段かざりでは、スペースが厳しい方に ・お選びいただいている、人気のセットです。
・重箱などの雛道具がついてお子様と一緒に飾って楽しむことが可能です。

七段飾り(段飾り)
・昔ながらな高級な段飾り
・伝統で古典的な毛氈と屏風タイプの十二単のお内裏雛十五人揃い飾りセット
・高い御殿台などが付いた御所のフルセット飾り
・年々とお飾りは減少しております、只最近はコンパクトサイズで横幅60cm程のセットも増えております。
・お飾りのお母さんが「やっぱり雛人形は15人」と思われ小さいセットの15人飾りタイプは人気となっております。

立雛飾り(立ちびな)
・立姿が綺麗でマンションなどで人気セット飾り
・シンプルで小さいスペースにお飾りできます。
木目込み飾り
・木の目に布を込めて作る木目込み雛人形。
・型崩れし難くコンパクトに飾り、収納出来るのが特徴
名前旗飾り・写真立て
・現在ではほとんどの方が雛人形の横に飾る為、選び購入される人気セット品です
・ご両親からのお子様へ初めてのギフトはお名前です。
・花やつまみ細工付き・小物付き
つるし雛(吊るし飾り)
・チリメンや古布などかわいい、つまみ細工など、おしゃれでひな人形の名脇役です。
木製雛人形飾り(陶器)
・現代的な木製の木彫りタイプ。小さくて手の平に乗るミニチュアミニサイズで
比較的に安い焼き物タイプ・今どきな簡易造り、ぬいぐるみ、キャラクター(デイズニー・キティちゃん・サンリオなど)
縮緬(ちりめん細工)飾り
・ミニで小さいコンパクトに飾れるちりめんシリーズが人気です。
価格もリーズナブルです。
多くの商品から選ぶのは大変です。雛人形を選ぶ際は好み・実際の飾り場所・使用の用途、サイズ、デザイン、こだわりなどの大きな方針を決めてから、お選びください。

ひな人形の飾り方や片付け方・取扱いとケアーのポイント


ひな人形を飾る場所

雛人形を飾る場所を工夫して 飾る場所はお部屋のなかでも直射日光の当らないところに。
直射日光は衣裳の変色、褪色の原因となります。
また暖房器具などは雛人形やひな人形の道具を傷めるおそれがありますので注意が必要です。

雛人形の飾り方や取扱の注意ポイント


飾り方は段のトップ(上の段)より順番に飾ります。
片付け方は段飾りの手前より収納します。
雛人形のお顔や金具に直接触れない お雛様を飾るとき、しまうとき、お顔や手、ぼんぼりの火袋、楽器、あるいは金具などに直接触れないように注意しましょう。
指の脂分や塩分が、お雛さまのお顔や手のよごれ、金具のサビの原因になります。
手をきれいに洗い、薄手の手袋を着用するか、品物にきれいな布や紙をあてるなどふると安心です。
お人形の限定せず、道具類や男の子の端午の節句の兜類も大切に取扱いましょう。

ひな人形のお手入れやほこり


お手入れは特典やサービスで付帯している、
羽根ばたきで雛人形を飾っている間のお手入れは、
取り扱いに気をつけながら羽根ばたきで軽くホコリをはらいましょう。
3月3日を迎えると、 しまう時期です、一度風にあててから羽根ばたきでホコリをはらい片付けましょう。
ひな人形の衿や袖口、裾の合わせ目などの細かい部分は、穂先をくずした小筆などを使うとよいでしょう。

ひな人形 収納方法や片付け方、しまう時の注意


雛人形は薄紙で包む 女雛や官女は、やわらかな白い薄紙を頭の後ろから当て、
髪型をカバーするように包み込みます。
ひな人形のお顔は折りたたんだ薄紙を重ね、細く切った紙をお顔に当てて後ろにまわし、> ねじってとめます。
他のお人形も同様にして、大切なお顔を守りましょう。
雛人形の形くずれを防ぐ 衣裳着ひな人形の袖や袂には、
ふくらみがつぶれないように、少量の薄紙を丸めて入れておきます。
お人形は一体ずつ薄紙で包み、箱に並べたら、
それぞれのすき間に詰め紙を軽く入れて形くずれを防ぎます。
ひな人形の塗り台はやわらかい布でカラ拭きし、台の表と表を合わせて、
間に薄紙をはさんでからしまいましょう。
配送や届け時の収納の入り方を写真撮影して保存することをおすすめいたします。

雛人形の保存


防虫剤を お雛様とお道具(雪洞・お花)にとって虫は大敵。
防虫剤は衣類用ではなく、人形専用の防虫剤を1種類に限って使いましょう。
保存場所は湿気が少なく、また乾燥もしすぎない押入上段や天袋などが適しています。桐の箱などを使用するのもよい方法です。
秋に一度、陰干しすれば万全でしょう。

雛人形の処分(供養)


先ずは商品を購入や注文された店や店舗にお問い合わせください。
羽子板・雛人形・破魔弓・五月人形・兜・鎧・甲冑・鯉のぼり・市松人形・日本人形は
御家族・御縁者様の思いが込められています。
神社等で御供養することをお薦めいたします。
セレモニーホール運営の会社なども供養をされている場合がございます。
日本人形協会のホームページを検索ください。供養の情報ページ表示しております。
ご覧いただき利用ください。どなた様でもご利用いただけます。
上記以外の一般的な季節の情事や選びの方法、決済方法、ログインや会員の登録、
レビューの書き方、買い物の仕方、道具の一部購入、単品の購入方法、その他の用品、
都道府県で送料無料の地域や離島など別途追加費用が発生かなど詳細、
ご不明な点はお気軽に実店舗やショップページよりご質問ください。
通常、お客様のご質問内容を確認の後、ご質問の順にご連絡対応させていただきます。個人情報保護を準しております。カタログの請求も可能です。
桃の節句のお料理 家族や親しい方々と祝うひな祭りには、その日にふらわしい料理を用意したいもの。 菜の花や桃の花を飾り、季節感を演習することも忘れずに。 蛤(はまぐり)のお吸い物 蛤が、他の貝とは絶対に殻が合わないことから一夫一婦の願いを込め、お祝いの膳にお吸い物として添えられるようになりました。 菱餅(ひしもち) 菱餅は、下から緑・白・桃色となっており、それぞれ「草萌える大地」「雪の純白」「桃の花」を表します。 緑の餅は邪気を払い疫病を除いてくれると信じれていた蓬(よもぎ)で作られ、白い餅はヒシの実を入れ、桃色の餅は解毒作用のあるクチナシで、赤味をつけ健康を祝うという意味があります。

上記をお雛様の選ぶ時やきれいに収納し、美しく配置し飾る時の参考にしていただければ幸いです。

雛人形の選び方のポイント

女の子の初節句飾りは、現代では様々な種類タイプに分かれております。
豪華で古典的な雛人形の7段飾り・コンパクトな収納飾り・ケース飾り・コンパクトセット・
小さな縮緬細工ひな・かわいい表情のお雛様などなど・・それぞれの、雛人形の飾り方と収納の方法も様々です。

男雛と女雛の飾る場所

日本では古来から飾って左側が位が高いと考えられております。
置く場所は、故に左側に男雛・右側に女雛をお飾りします。
向って右が上座で男雛様を置きます。
向かって左に女雛を飾ります。
飾る地域で少しずつ違ってまいります。
京都(関西)江戸(東京)でもちがいます。
雛祭りの時、ご自身が雛人形の座る向きになっての左右です。
左大臣・右大臣の同様です。
主人は関東出身・お母様は京都出身のばあいは?
諸説ありますが、初節句(桃の節句)は女性のお祭りです。
ひな祭りは、女系が主導で並べてよいかと感じます。
決まり事も大切ですが、お子様のお祝いですので・・・

基本のひな人形の並べ方

基本的ですが、飾り方一覧や冊子をしっかり、読んでお飾り始めてください。
十分なスペースを確保ください。
畳や床を傷つけない用毛布か敷物があるとよいです。
冠・扇・加え銚子・長柄の銚子・傘・沓・熊手・笛・太鼓・太刀・鉢・台笠・小鼓・三方などお道具の紛失はご注意下さい。

七段飾り十五人セットの段飾りのお飾り

今も変わらず7段飾りはスチールの組立段が一般的です。
スチール段の上に赤い毛氈を飾ります。
スチール段組み立て毛氈が完成すると、
前からではなく、七段目(上の段)より順に段飾りをお飾りください。
左右の位置は真ん中(中央)を決め左右対称に見える感じで配置して、飾ると姿が綺麗で豪華に見えます。

一)屏風
二)お内裏雛
三)三人官女
四)五人囃子
五)随身
六)仕丁
七)お道具
八)花(桜・橘)
九)雪洞(ぼんぼり)は一番倒れやすいです。電気のコード式はコードの先を確保して
最後に飾るとセット完了です。
通常は三人官女の座りは眉がありません。

二段・三段飾りのお雛様のお飾り

七段飾りと同じで三段目(最上段)から順番にお飾りください。
3段飾りは木製台が流行です。
もうせん(赤い布)タイプより多少重量があります。
腰など痛めないように正体して持つとよいです。しっかり持って飾る場所まで移動してください。

収納飾りのお内裏雛の飾るポイント

名前の旗と共に人気のセット飾りです。
収納箱が飾り台です。
お節句用品を飾るときは、親王タイプでも、全部箱から中のお内裏様や道具類を、
一旦出すのでスペースをご用意ください。

ケース飾りひな人形

衣装着(着物を着ているタイプ)は通常台座に固定してあります。
アクリルケース・ガラスケースなど材質は違いますが、梱包箱から出してお飾り完了です。
立(横向きなど)状態にせずにお雛様が、座っている状態で収納ください。
飾り付けの時はケースの上枠を持たないでください。天枠が外れる場合がございます。
木目込み雛人形(木目込み仕上げ)はケース飾に固定されていない場合が多いです。
軽くて出し入れも簡単ですが、雛道具やお飾りの持ち物が小さいので紛失・誤飲氏に異様に、箱等をご用意ください。

雛人形の飾りと収納のまとめ

下記は個人的なひな人形のお飾りのポイントです。
毎年、数百のお雛様を手に取り、飾り、検品、配送の経験則です。

一)飾るより片付ける時が重要です。
携帯などで蓋を開けた状態で画像で写真を残してください。
記録しないのと比べると随分簡単に収納できます。
一つ道具を取り出すとパシャです。
二)収納箱(段ボール箱)を裏返して入っている通り、置いてください。
飾り方は難しくないですがスムーズに片付けられます。
三)倒れやすい雪洞などは一番最後にお飾りください。
四)横着は厳禁です。直接に人の手に触れないように、お人形のお顔は紙等でお包みください。
後ろ側のホコリも毛はたき等で落としてください。 五)防虫剤はしっかりとお入れください。
六)出来るだけ湿気をお避けください。
七)お人形は脇や頭(お顔)を持たず、下から持って落としたりしないようご注意ください。 八)子供の育児(お世話)で忙しいですが、昔ながらの由来の有る年中行事を
家族を一緒に、お飾りください。




飾る時期?

関東地方は、立春(二月四日)頃から3月3日にかけて、関西地方は、
3月3日~4月3日までお楽しみください。
(関西地方の方も早くより飾られ、長くお楽しみになるには結構かと思います)
そして、お節句がすんだら早めに、天気のよい、乾燥している日にしまってください。
また、人形を手放す際は、全国各地で行われている人形供養祭で供養を受け、
納めてもらうとよいでしょう。

         


ひな人形と関連のある羽子板飾りよくある質問です。
羽子板とは?
羽子板の由来
羽子板飾りは、室町時代の宮中のお正月の遊びで、
羽根つき用(現在のバトミントン)のものと、お部屋飾り用のものとに分かれていたようです。
当時は貴族の遊技として楽しまれていましたが時代が経つにつれ、
いろんな節や謂われと共に一般庶民の間にも流行するようになってまいりました。
江戸時代の後期頃より、歌舞伎役者の姿を押し絵の技法を用いられた羽子板は、
一段と華麗さを増し庶民の人気を集めるようになりました。
現在の正月に羽子板を飾る風習や、女の子の初正月に羽子板を贈る習わしは、
昔からの伝承によって諸々の邪気をはね(羽根)のけて健やかに育つようにとの願いが込められています。
現在では医療の発達で順調に成長される赤ちゃんが多いです。
昔は生まれて後に、体調が不安定なお子様もいらっしゃいました。
ご両家のご実家・親戚・ご両親・縁者様が無事に健やかに成長してほしいと願いを込め
日本では、羽子板飾りや破魔弓(破魔矢)をお贈る風習や習慣・行事が行われました。
お正月の羽根つきは、江戸時代の昔から女の子の(遊戯)遊びです。
そして羽子板は、女の赤ちゃんの病気をせずに、無病息災のお守りの意味も持っています。
羽子板でつく羽の玉、黒くて堅い玉は“むくろじ”という大木の乾燥した種ですが、
これは漢字で無患子(ムクロジ)と書きます。「子供が患わない」という意味が込められています。
羽子板つき羽根をつき、無患子を病気を運ぶ(蚊・虫・トンボ)とみたて追い払い形にし、病魔を退散さすことで
魔除けの意味合いがございます。
最近では、お正月に羽子板付きの光景はなかなか見ることができません。
玩具遊びの羽子板つきで勝負して負けると、顔に墨を塗るイメージがあります。
墨には防虫効果・雑菌効果があるなど、昔の人は民間療法かもしれませんが、
理由付けがあるようです。
羽子板の扱いとケアー
飾る期間年の瀬の12月13日、事始めの日より良い日選び小正月の1月15日迄(しめ縄おろし)お飾り下さい。
取り扱いケースを持ちますときは木枠の上部のみを持つのでなく、
必ず手をケースの下に入れて持ち上げるようにしてください。
防虫剤羽子板セットは=羽子板・羽根等のはこの中に、
破魔弓=矢の羽根・房等の防虫にケース内底に、
市販の人形用又は一般的な防虫剤を入れて、おしまいください。

雛人形の関連サイトです。

雛人形の説明陣屋 雛人形の基礎知識やマナー 雛人形の通販サイト
雛人形コンパクトミニ通販サイト 雛人形のJIN雛通販サイト 雛人形ケース飾りの通販サイト
雛人形親王飾りの通販サイト 雛人形収納飾りの通販サイト 雛人形三段飾りの通販サイト
雛人形7段飾り15人の通販サイト 雛人形立雛の通販サイト 雛人形久月作の通販サイト
雛人形名前旗、吊るし雛の通販サイト 雛人形道具や単品/通販サイト 雛人形木目込みの通販サイト
木目込み雛人形一秀作の通販サイト 木目込み雛人形大里彩の通販サイト 木目込み雛人形柿沼東光の通販サイト
雛人形木目込み真多呂作の通販サイト 木目込み雛人形喜久絵作の通販サイト 雛人形木目込み幸一光作の通販サイト
雛人形用の毛氈・布 雛人形の陣屋 雛人形のFAQ
雛人形は誰が買う?だれが贈る

雛人形の飾る時期、いつひな人形はかざる?

ひな人形の飾り方や片付け方・飾り方・時期などの説明

ひな人形七段飾りの片付け方・飾り方・時期

ひな人形三段飾りの魅力とデメリット

ひな人形親王飾りの紹介

収納飾り お雛様の説明

お内裏平飾りタイプの説明

ひな人形木目込みセットの紹介

立雛のポイント

ひな人形ケース飾りメリットとデメリット

初節句購入の準備アドバイス

おひなさま購入のアドバイス

雛人形の意味・歴史など/ひな人形の豆知識

ひな祭りの由来・雛祭りとは?

雛人形の処分方法(供養)の紹介・どうしたらよいの?

お買い物は下記リンクをクリックしてください。

 

 
雛人形の陣屋本店  人形ケースの陣屋本店  五月人形の陣屋本店 
鯉のぼりの陣屋本店  破魔弓の陣屋本店  羽子板飾りの販売店 通販本店 
雛人形の陣屋Yahoo!店 ひな人形木目込みの陣屋Yahoo!店 五月人形の陣屋Yahoo!店
鯉のぼりの陣屋Yahoo!店 破魔弓の陣屋Yahoo!店 羽子板飾りの陣屋Yahoo!店

 

ひな人形の飾り方や片付け方・飾り方・時期などの説明

ひな人形七段飾りの片付け方・飾り方・時期

ひな人形三段飾りの魅力とデメリット

ひな人形親王飾りの紹介

収納飾り お雛様の説明

お内裏平飾りタイプの説明

ひな人形木目込みセットの紹介

立雛のポイント

ひな人形ケース飾りメリットとデメリット

初節句購入の準備アドバイス

おひなさま購入のアドバイス

破魔弓のマナー

羽子板のマナー

雛人形

雛人形飾りの意味情報ページ

雛人形飾りの通販サイト。