雛人形の飾り方・片付け・ひな人形の飾る時期など説明

お問い合わせ連絡先
平日10:00~18:00まで
FAX:079-422-1686
MAIL : honten@jinya223.com
(メールは24時間365日受付)

お取扱い商品一覧

雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形
雛人形・五月人形

サイトコンテンツ

 

雛人形の飾り方のポイント

女の子の初節句飾りは、現代では様々な種類タイプに分かれております。
豪華で古典的な雛人形の7段飾り・コンパクトな収納飾り・ケース飾り・コンパクトセット・
小さな縮緬細工ひな・かわいい表情のお雛様などなど・・それぞれの、雛人形の飾り方と収納の方法も様々です。

男雛と女雛の飾る場所

日本では古来から飾って左側が位が高いと考えられております。
置く場所は、故に左側に男雛・右側に女雛をお飾りします。
向って右が上座で男雛様を置きます。
向かって左に女雛を飾ります。
飾る地域で少しずつ違ってまいります。
京都(関西)江戸(東京)でもちがいます。
雛祭りの時、ご自身が雛人形の座る向きになっての左右です。
左大臣・右大臣の同様です。
主人は関東出身・お母様は京都出身のばあいは?
諸説ありますが、初節句(桃の節句)は女性のお祭りです。
ひな祭りは、女系が主導で並べてよいかと感じます。
決まり事も大切ですが、お子様のお祝いですので・・・

基本のひな人形の並べ方

基本的ですが、飾り方一覧や冊子をしっかり、読んでお飾り始めてください。
十分なスペースを確保ください。
畳や床を傷つけない用毛布か敷物があるとよいです。
冠・扇・加え銚子・長柄の銚子・傘・沓・熊手・笛・太鼓・太刀・鉢・台笠・小鼓・三方などお道具の紛失はご注意下さい。

七段飾り十五人セットの段飾りのお飾り

今も変わらず7段飾りはスチールの組立段が一般的です。
スチール段の上に赤い毛氈を飾ります。
スチール段組み立て毛氈が完成すると、
前からではなく、七段目(上の段)より順に段飾りをお飾りください。
左右の位置は真ん中(中央)を決め左右対称に見える感じで配置して、飾ると姿が綺麗で豪華に見えます。

一)屏風
二)お内裏雛
三)三人官女
四)五人囃子
五)随身
六)仕丁
七)お道具
八)花(桜・橘)
九)雪洞(ぼんぼり)は一番倒れやすいです。電気のコード式はコードの先を確保して
最後に飾るとセット完了です。
通常は三人官女の座りは眉がありません。

二段・三段飾りのお雛様のお飾り

七段飾りと同じで三段目(最上段)から順番にお飾りください。
3段飾りは木製台が流行です。
もうせん(赤い布)タイプより多少重量があります。
腰など痛めないように正体して持つとよいです。しっかり持って飾る場所まで移動してください。

収納飾りのお内裏雛の飾るポイント

名前の旗と共に人気のセット飾りです。
収納箱が飾り台です。
お節句用品を飾るときは、親王タイプでも、全部箱から中のお内裏様や道具類を、
一旦出すのでスペースをご用意ください。

ケース飾りひな人形

衣装着(着物を着ているタイプ)は通常台座に固定してあります。
アクリルケース・ガラスケースなど材質は違いますが、梱包箱から出してお飾り完了です。
立(横向きなど)状態にせずにお雛様が、座っている状態で収納ください。
飾り付けの時はケースの上枠を持たないでください。天枠が外れる場合がございます。
木目込み雛人形(木目込み仕上げ)はケース飾に固定されていない場合が多いです。
軽くて出し入れも簡単ですが、雛道具やお飾りの持ち物が小さいので紛失・誤飲氏に異様に、箱等をご用意ください。

お雛様の飾りと収納のまとめ

下記は個人的なひな人形のお飾りのポイントです。
毎年、数百のお雛様を手に取り、飾り、検品、配送の経験則です。

一)飾るより片付ける時が重要です。
携帯などで蓋を開けた状態で画像で写真を残してください。
記録しないのと比べると随分簡単に収納できます。
一つ道具を取り出すとパシャです。
二)収納箱(段ボール箱)を裏返して入っている通り、置いてください。
飾り方は難しくないですがスムーズに片付けられます。
三)倒れやすい雪洞などは一番最後にお飾りください。
四)横着は厳禁です。直接に人の手に触れないように、お人形のお顔は紙等でお包みください。
後ろ側のホコリも毛はたき等で落としてください。 五)防虫剤はしっかりとお入れください。
六)出来るだけ湿気をお避けください。
七)お人形は脇や頭(お顔)を持たず、下から持って落としたりしないようご注意ください。 八)子供の育児(お世話)で忙しいですが、昔ながらの由来の有る年中行事を
家族を一緒に、お飾りください。




飾る時期?

関東地方は、立春(二月四日)頃から3月3日にかけて、関西地方は、
3月3日~4月3日までお楽しみください。
(関西地方の方も早くより飾られ、長くお楽しみになるには結構かと思います)
そして、お節句がすんだら早めに、天気のよい、乾燥している日にしまってください。
また、人形を手放す際は、全国各地で行われている人形供養祭で供養を受け、
納めてもらうとよいでしょう。

ケース入


         

雛人形

ひな人形のQandA

お雛様の歴史



雛人形の関連サイトです。

雛人形の説明陣屋 雛人形の基礎知識やマナー 雛人形の通販サイト
雛人形コンパクトミニ通販サイト 雛人形のJIN雛通販サイト 雛人形ケース飾りの通販サイト
雛人形親王飾りの通販サイト 雛人形収納飾りの通販サイト 雛人形三段飾りの通販サイト
雛人形7段飾り15人の通販サイト 雛人形立雛の通販サイト 雛人形久月作の通販サイト
雛人形名前旗、吊るし雛の通販サイト 雛人形道具や単品/通販サイト 雛人形木目込みの通販サイト
木目込み雛人形一秀作の通販サイト 木目込み雛人形大里彩の通販サイト 木目込み雛人形柿沼東光の通販サイト
雛人形木目込み真多呂作の通販サイト 木目込み雛人形喜久絵作の通販サイト 雛人形木目込み幸一光作の通販サイト
雛人形用の毛氈・布 雛人形の陣屋 雛人形のFAQ
>>HOME   >>ご利用規約   >>特定商取引に関する法律に基づく表意   >>個人情報のお取り扱い