破魔弓/破魔矢の販売店の通販サイト

破魔弓/破魔矢の正月飾りポイント



・破魔弓/破魔矢は子供の健康と成長を祈願して贈られます。 ・最近では人気の商品では、壁掛けタイプがあり場所を気にせずにかざれます。スペースがコンパクトで少ない場合は人気のおすすめ品です。
・破魔弓はモダンでかわいい感じの小型(ミニ)の新しいシリーズもあります。
・破魔弓壁掛けなどは大型と異なり薄型の為、初正月の祝い専用ではなく、お正月の店舗やお部屋の季節の置物やインテリアの雑貨としても使用され、おしゃれで可愛いセットです。
・インテリア破魔弓は、ファッション性に富みイベントのギフトの品とされる方もいらっしゃいます。
・破魔弓は一般的なサイズは5号・6号・7号・8号・10号・11号・13号・15号・16号・17号・18号・20号・22号・23号・25号・27号・30号・35号などのお品がございます。
・壁掛タイプは(小・中・大のスタンド付きなどの兼用もございます。) ・破魔弓/破魔矢の材質はガラスケース・アクリルなどです。
・破魔弓飾りの値段の違いは、大きくケースの材質で異なり、黒檀・紫檀・鉄刀木・桧(ひのき)・木製などです。
・破魔弓のケース材質や仕上げは黒・茶・青・緑塗りタイプ・檜無垢タイプなどです。
・破魔弓のケース内の作りのデザインは太刀・鶴・虎・龍・刺繍がされた商品がございます。
・破魔弓の人気ブランドメーカーでは久月作・吉徳・宝童・豊久などです。
・多数の商品を取り扱いいます。
・破魔弓壁掛けタイプは、最近ご注文が少し増えた人気のセット。コンパクトに壁に掛けるタイプです。
・日本では、破魔弓・破魔矢の矢には魔除けの意味があり鬼門を守るといわれます。
買う・いらないなどございますが、小さい、子供(赤ちゃん)の成長と健康を祈願して贈られます。
・破魔弓(破魔矢)は長男・次男・三男など兄弟でそれぞれ1体持ちます。
・破魔弓は誰が買うなどございますが、新たな命と奇跡を大切に考え、両家でご相談ください。
ご購入の際は、お届け方法(配送)・在庫・支払い方法・発送・特典(木札)・条件・クーポン・レビューなどの販売の詳細ページの情報の表記を確認チャックしてください。
配送の関連では、送料の一覧に記載通り、北海道・東北・北陸・関東・東京・中部・関西・京都・中国・四国・九州・沖縄などで送料が変わる場合がございます。
表示サイズ横幅・奥行・高さなどご確認ください。
閲覧のインターネット環境やパソコンのディスプレイで紐や画像・写真の色が異なる場合がございます。手作りの為、商品情報のショップのページでは、個体差はございます、予めご了承ください。
ご注文の前に、贈る日・届く日・時間・お届け先・熨斗(のし)・返品などご不明な点等は店にご連絡ください。
ご連絡の際は、店舗のお電話の番号をお間違いのないよう、お願い申し上げます。
ご返信は問合せの順に回答の対応させていただきます。
男の子の初正月・初節句のご用命は雛・五月人形・鯉のぼりの通販サイトの専門店の弊社にお任せください。

破魔弓で元気な男の子にな〜れ



破魔弓は気持ちが大事

赤ちゃんが産まれて初めて迎える初正月には、女の子に羽子板を贈り男の子には破魔弓という風習が今もなお受け継がれています。

まだ生命力の弱い赤ちゃんが、鬼門となる時期を無事に過ごすことができますように、という願いが込められています。

弓矢は武器として誕生しましたが、その後平和な時代になると魔除けの象徴とし節句で多くの人が親しむものとなって、今現在も縁起物として身近な存在となりました。

日本では、破魔弓は妻の実家から贈られるものとされていましたが、いまはさほどこだわりはなくなり親が買うことも多くなってきていて、材質も竹や木製にはこだわらすプラスチック製もありますから、赤ちゃんを思う気持ちが大事で大切です。

案内では、飾り付けるのは12月中旬ごろから小正月の1月15日までというのが一般的ですが、クリスマスの飾り付けを楽しむ家庭が多いことを考えると、破魔弓の飾りつけはクリスマスが終わってからで良いのではないでしょうかといわれす方もいらっしゃいます。 検索してみると地域で時期は異なります。

クリスマスの終わった後と言っても年末の忙しさにかまけて、大晦日に飾り付けるのは避けなくてはなりません。

一夜飾りと呼ばれ、葬儀(葬式)のようであり歳神様に対して失礼になるとされている地域もございます。

破魔弓を飾るのは、人目につく場所で凶方向ということになっていますが、今では魔除けという気持ちを込めれば場所や方向は気にする必要はなく、飾りやすい場所で構いと思います。

破魔弓を片付けるのが1月15日となっているのは、神社などで行われる正月飾りのお焚き上げのどんと焼きなどが行われる日であるためですが、初正月のために買う破魔弓はお子様(子供)の守りです。実際に焼くことはなく、小正月に合わせるのが慣習となっております。

お正月の期間は地域(地方)によって差があり、1月20日までという地域もあれば1月7日までというところもあるため、何が何でも小正月に片付けるというものではなく、それぞれの都合に合わせて片付けて問題ないと思います。

1月7日までは松の内と呼ばれ松飾りを7日に片付けるという風習もありますし、学校の冬休みが終わるのも7日というところも多いですから、1月7日に片付けてお正月が終わるという感覚の方が多いのではないでしょうか。

昔は男の子に立志式という元服にちなんだお祝いがあって、数え年で15歳のときに行われていたため、破魔弓は15歳まで飾るものとされていましたが、7歳までで飾るのをやめてもいいですし20歳までが基本です。それぞれの家庭でご判断ください。

out
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 

トップ > 破魔弓/破魔矢

破魔弓/破魔矢
破魔弓/破魔矢

破魔弓/破魔矢飾りの通販サイト販売店陣屋/コンパクト壁掛け取扱店

陣屋の歴史

はじまりは江戸時代

「陣屋」は江戸時代、山陽道(西国街道)に面した、姫路藩の藩役所(加古川役所)として宝暦2年(1752)3月18日の建造と伝えられ、参勤交代のために加古川宿を通行、宿泊する大名に対する応接などに使われていました。現在、建物内部は良好に残っており、江戸時代の加古川宿の面影をのこす建物として大事に管理されています。

参勤交代の時の宿
本陣・脇本陣

加古川宿が画期的ににぎわうようになったのは、江戸時代参勤交代制が始まった頃です。幕府は五里ごとに本宿を定め、中間に間宿(あいじゅく)を定め本陣・脇本陣を置きました。藩主近臣は本陣に、重役以下は脇本陣、その他の家に泊まりました。
加古川宿本陣は寺家町組大庄屋「中谷家」であり、然清家には表通り二十八間、奥行き二十間の膨大な敷地をほこり、その場所は現在の寺家町商店街丹安商店明石屋本店から玉岡路三郎邸までと言われています。

明治天皇も休憩

明治一八年には明治天皇が休憩場所として利用されました。松の盆栽を陳列していたことから「樹悳堂」(じゅとくどう)と天皇が名付けられたという由来もあります。「樹悳堂」は寺家町商店街「人形の陣屋」と「沼田商店」の間の奥に現存し、平成10年1月8日、市の指定文化祭に選出されました。
明治四十三年に御駐輦(ちゅうれん)を記念してという「駐輦之處」碑が建てられました。この碑文は大内青巒という東京都知事が撰んだそうです。

  • 室内の画像
  • 御駐輦の画像
雛人形三段飾り画像

陣屋(雛人形/ひな人形/五月人形販売店陣屋)

〒675-0066
住所:兵庫県加古川市加古川町寺家町315
TEL:079-422-0277 FAX:079-422-1686

  • Facebook画像
  •     
  • インスタグラム画像

当社は創業以来、人形(ひとがた)を製造してまいりました。
日本の伝統美を、地域、御家族、縁者様の絆を大切に
次の世代にお伝えできれば幸いです。

お気軽にご質問・お問い合わせお待ちしております。
MAIL:info@jinya223.com

陣屋店長の画像

PAGE TOP