鯉のぼり(こいのぼり)の通販サイトの販売店陣屋

鯉のぼり(こいのぼり)の初節句飾り特徴(ポイント)のご案内



・鯉のぼりは大きく分けて、庭園用(にわに穴を掘りポール立てる)・ベランダ用鯉のぼり(窓や手すりなどに取付)・室内鯉のぼり・卓上鯉のぼりに分かれます。 ・飾りタイプとして庭園・簡易スタンド・リビングや玄関へ飾る・高級な手書き(手染め)などのお品がございます。
・鯉幟の数は吹流し・真鯉・緋鯉・青鯉・ピンク鯉・橙鯉・紫鯉・五色鯉・竜・ドラゴン・うなぎ鯉・さわら鯉・などです。
・デザイン素材は。伝統的な天竺・ポリエステル生地・ナイロン製・木綿生地・ポリエステルジャガード織・パールストーン・撥水加工・はっすい・撥水コート・友禅・ちりめん・正絹・金彩の商品がございます。
・各百貨店・久月作・吉徳・豊久・徳永鯉のぼり・旭天竜・ワタナベ鯉のぼり・徳永鯉・ワタナベ鯉・旭天竜・ダイヤ鯉・村上こいのぼり・井上鯉のぼり 山本敬二鯉のぼり(播州鯉)・タルミ鯉幟・フジサン鯉のぼりなどとコラボセットなど多数のセットがございます。
ご購入の際は、お届け方法・在庫・支払い方法・発送などの販売の詳細ページの表記を確認チャックしてください。
男の子の初節句飾り(端午の節句)のお品のご用命は弊社にお任せください。

鯉のぼりの意味や由来/歴史

雛人形/五月人形/鯉のぼりの通販サイト、販売店陣屋の鯉のぼりの豆知識の案内ページです。 鯉のぼり(こいのぼり)・登竜門伝説 鯉のぼりの由来は、鯉が「龍門」という急流の川をのぼると龍になって天へ登る という中国の伝説からきています。 健やかな成長と立身出世を願うご家族の温かいまごころです。 鯉のぼりを立てることは、男児の誕生を天に告げ、その守護を願うための目印ともされています。 「無病息災」と「健全な成長」、ひなまつりはこの健やかな成長の願いを具現化したものです。 親から子に対する愛情のあらわれである「無病息災・長寿・魔除け・出世」と「健全な成長」、鯉のぼりは赤ちゃんの健やかな成長の願いを込め具現化したもので、 男の子の初節句(端午の節句にお祝いとして、父方、母方、ご両家、ご両親が願いを込め鯉のぼりを贈り、人から人に伝えられました。

鯉のぼりを何故飾るのか?端午の節句(子供の日)の由来

鯉のぼりや鎧兜は身を守る道具。武家社会の中で、男子にとって非常に大切なものでした。 やがて江戸時代に入り、泰平の世となってからは、子供の身を守り、 災いがかからないようにという願いを込めて、鎧兜や鯉のぼりを飾る風習が広がりました。 赤ちゃんがたくましく立派に育つようにという祈り、 そして受験や就職、結婚など人生の幸福に恵まれるようにという気持ちを託して、 子供の日に 祝い飾ります。
out
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 

トップ > 鯉のぼり/こいのぼり

鯉のぼり/こいのぼり

鯉のぼり/こいのぼり

 
鯉のぼり室内用こいのぼり(0)
鯉のぼりベランダ用/こいのぼり(0)
鯉のぼり庭園用ポール付こいのぼり(0)
鯉のぼり庭園用ポール無こいのぼり(0)
鯉のぼり単品こいのぼり(0)
鯉のぼり用ポールこいのぼり(0)
鯉のぼりサイズで選ぶ/こいのぼり(0)
鯉のぼり メーカー一覧(0)
鯉のぼり種類で選ぶ/こいのぼり(0)
鯉のぼりインテリアタイプこいのぼり(0)
その他(0)
鯉のぼりベランダ1-1.2m/こいのぼり(0)
鯉のぼりベランダ1.5mセット/こいのぼり(0)
鯉のぼりベランダ2mセット/こいのぼり(0)
鯉のぼり庭園1.5mポール付/置式スタンド(0)
鯉のぼり庭園2mポール付/置式スタンド(0)
鯉のぼり庭園3mポール付/置式スタンド(0)
鯉のぼり庭園4mポール付/置式スタンド(0)
鯉のぼり庭園1.5mポール付/こいのぼり打込(0)
鯉のぼり庭園2mポール付/こいのぼり打込(0)
鯉のぼり庭園3mポール付/こいのぼり打込(0)
鯉のぼり庭園4mポール付/こいのぼり打込(0)
鯉のぼり3mセットポール無/こいのぼり(0)
鯉のぼり4mセットポール無/こいのぼり(0)
鯉のぼり5mセットポール無/こいのぼり(0)
鯉のぼり6mセットポール無/こいのぼり(0)
鯉のぼり7mセットポール無/こいのぼり(0)
鯉のぼり8mセットポール無/こいのぼり(0)
鯉のぼり9mセットポール無/こいのぼり(0)
鯉のぼり10mセットポール無/こいのぼり(0)
鯉のぼり用庭園ポール/こいのぼり(0)
鯉のぼり部品単品/こいのぼり(0)
鯉のぼり紋入吹流変更/こいのぼり(0)
室内鯉のぼり 名入れ旗/こいのぼり(0)
鯉のぼりポール無し/こいのぼり(0)
こいのぼり 紋入れ(0)

陣屋の歴史

はじまりは江戸時代

「陣屋」は江戸時代、山陽道(西国街道)に面した、姫路藩の藩役所(加古川役所)として宝暦2年(1752)3月18日の建造と伝えられ、参勤交代のために加古川宿を通行、宿泊する大名に対する応接などに使われていました。現在、建物内部は良好に残っており、江戸時代の加古川宿の面影をのこす建物として大事に管理されています。

参勤交代の時の宿
本陣・脇本陣

加古川宿が画期的ににぎわうようになったのは、江戸時代参勤交代制が始まった頃です。幕府は五里ごとに本宿を定め、中間に間宿(あいじゅく)を定め本陣・脇本陣を置きました。藩主近臣は本陣に、重役以下は脇本陣、その他の家に泊まりました。
加古川宿本陣は寺家町組大庄屋「中谷家」であり、然清家には表通り二十八間、奥行き二十間の膨大な敷地をほこり、その場所は現在の寺家町商店街丹安商店明石屋本店から玉岡路三郎邸までと言われています。

明治天皇も休憩

明治一八年には明治天皇が休憩場所として利用されました。松の盆栽を陳列していたことから「樹悳堂」(じゅとくどう)と天皇が名付けられたという由来もあります。「樹悳堂」は寺家町商店街「人形の陣屋」と「沼田商店」の間の奥に現存し、平成10年1月8日、市の指定文化祭に選出されました。
明治四十三年に御駐輦(ちゅうれん)を記念してという「駐輦之處」碑が建てられました。この碑文は大内青巒という東京都知事が撰んだそうです。

  • 室内の画像
  • 御駐輦の画像
雛人形三段飾り画像

陣屋(雛人形/ひな人形/五月人形販売店陣屋)

〒675-0066
住所:兵庫県加古川市加古川町寺家町315
TEL:079-422-0277 FAX:079-422-1686

  • Facebook画像
  •     
  • インスタグラム画像

当社は創業以来、人形(ひとがた)を製造してまいりました。
日本の伝統美を、地域、御家族、縁者様の絆を大切に
次の世代にお伝えできれば幸いです。

お気軽にご質問・お問い合わせお待ちしております。
MAIL:info@jinya223.com

陣屋店長の画像

PAGE TOP